サル日記40

40への階段。

ピノの旅・激闘ダイナムLINE編・その5

 おひさ~! 1/72の夢旅人モードのうまばくです!

 

 前回、長崎県は大村ダイナムで手痛くヤラれ4戦4敗。負債は10万超えとなりました…。それで思ったんですけども、わざわざ旅費払って遠征して負けに行くって、この企画あまりにキチガイじみてません?

 

 いや始める前からわかってたことだけども!

 

 パチンコ勝負なんて本当に水モノですから、出たとこ勝負で負けるのは仕方ないんだけど、でもさー、もうちょっと自分にプラスになることしたほうが良くない? 観光とか史跡めぐったりとかご当地グルメを堪能したりとかさー。 スーパーで値引き総菜買って泣きながらホテルで食べるとか絶対おかしいよ!

 

 そんなことを思いましたので、負けても何かしら「旅して良かった!」と思えるポイントを見つけられるように、今後は頑張っていく所存です。ハイ。

 

 さて5戦目となる今回は第164番札所、愛媛西条店です!

 

 ここは遠方だし、低貸玉店なので、消化試合! もう実戦時間10分くらいで日帰りでチャチャッと片付けよう! と思っていたのですが、7月の例の豪雨の影響でJR予讃線がやられてしまい、日帰りでは厳しくなっていました。それが8月9日かな? 復旧したので、今回、満を持して襲い掛かってきたというわけサ!

f:id:umabak:20180820074658j:plain

 

 熊谷から東京、岡山を経由して伊予西条駅へ。移動時間は片道6時間超えでしたので、パソコンとかノートを持参して文章をアウトプットしまくるぞ!と意気込んでいたのですが、電車内で書き物するとメチャメチャ酔いますね! パソコン開いて30分でゲロ吐きそうになりまして、以降はずっと遠くの緑を見つめていたぜ!

 

f:id:umabak:20180820074737j:plain

 

 駅から伸びるひたすらまっすぐな道をひたすらまっすぐ行きます。2㎞くらいあったでしょうか? 特に商店街というわけでもなく、人通りもなく、私の性格さながら、まっすぐな道をズンズン進みました。

 

f:id:umabak:20180820074807j:plain

 

 唐突にあらわれる日本一宣言。閉まっていたと思う。たぶん。

 

f:id:umabak:20180820074837j:plain

 

 唐突にあらわれる麗・麺子。ここも改装中とかで閉まっていました。

 

f:id:umabak:20180820074907j:plain

 

 田舎によくある幅の広いバイパスにブチあたりまして、ここを右折! 目の前にはなんかカッコイイ建物が見えるぜー。

 

f:id:umabak:20180820075037j:plain

 

 すると、ダイナムの看板がひょっこりはん

 

 水辺にたたずむダイナムは初めてですね。いい戦いができそうです。いざ、尋常に!

 

 

 したらば!!!

 

 

f:id:umabak:20180820075116j:plain

 

 タダでかき氷配ってましたwww ええんすかこれwww パチ歴20年弱ですけどもパチ屋でロハのかき氷食うのは初めて! ちなみに、このかき氷は何味だと思いますか? 愛媛といえば~・・・? そう! おマンゴー味です!

 

f:id:umabak:20180820075225j:plain

 

 狙っていた10スロのバーサスが他の人に打たれてましたので、2スロのライト海物語に着手! いろんなパチンコ台が出ては消えてますが、結局はみんな海に帰っていくのです。椿鬼奴さんがそうゆってました。

 

 

 したらば!!!!

 

 

f:id:umabak:20180820075340j:plain

 

 投資500円! ドノーマルでサメが止まった!!

 

 しびれました~。

 

 これがあるから海物語最高ですよね!!

 

 この当たりが4R、8R、4Rの3連で1140発! ショボッ!!

 

 即交換して2k回収。 プラス1.5kで終了です。

 

 

 

 みんなああ!!

 

 やっと初日が出たぞおお!!

 

 

 カスみたいなプラスですが、やっと勝てて安心しました。トータル収支はマイナス101kになりやした。読者の皆さん、ここが伝説の始まりですよっ!

 

f:id:umabak:20180820080010j:plain

 

 速攻で駅に戻ってピノ購入。実は駅中のセブンイレブンに売ってなくて、駅前ローソンい戻ったため電車1本逃がしてます! クソ田舎の電車乗り遅れは地味に痛い… 開封します!

 

f:id:umabak:20180820080305j:plain

 

 36! 164+36=200 で検索!検索ぅ! なんかキリ番だし良い予感がしていたんですが・・・

 

f:id:umabak:20180820080518j:plain

 

 絶望した! まさかの四国連!!

 

 これ次の日も休みだったら最高だったんですけども、社畜・・・いやエリート社会人には不可能なんですよ! しょうがねえ・・・仕事やめて行くか・・・とも思いましたが、0.1秒で却下し、群馬の自宅へ帰宅しました。

 

 んー、できれば泊まりで行きたいけど・・・また同じような弾丸日帰りかなぁ・・・ はあ・・・

 

 というわけで今回はパチンコはラッキーだったけど、ピノのヒキが超絶アンラッキーという1戦でした(泣) これ過酷なゲームやで!

 

 ほなまた! 

クールシェアのススメ

 暑い! ヤバい! 間違いない! うまばくです。

 地獄のような暑さですが、私は夏という季節は嫌いではありません。だって夏の大きな楽しみとして「クールシェア」があるから・・・!

 

クールシェアって何?

 

 クールシェアを推進している我らが群馬県のホームページから引用いたしますと・・・

 

夏の暑い日には、家庭の消費電力の半分以上をエアコンが使っています。
 エアコンの使用台数を減らして、家族が一つの部屋に集まったり、公共施設(公民館、図書館、美術館、集会施設、公園等)や商業施設(ショッピングセンター、デパート、飲食店等)、自然の多い場所にでかけたりして、涼しい場所で皆で過ごすことを「クールシェア」といいます。
 そこで、群馬県は、引き続き「ぐんまクールシェア2018」を実施します。この取組により、家庭の消費電力を減らし、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を削減するとともに、経済や地域の活性化にもつなげましょう。

群馬県 - ぐんまクールシェア2018より

 

f:id:umabak:20180801202211j:plain

 

 私がクールシェアを意識的に始めたのは10数年前、ハウスで野菜を育てる仕事を拝命してからです。というのは昼間のハウスは根性論なんて一切通用せず「入ったら死ぬ」という環境なので、昼間は仕事休むようにしたからなんですね。

 ハウス内じゃなくて事務所にいればいいじゃない、と思われるかもしれませんが、うちの職場は総電力使用量が決まっていて、電力が使われると事務所の冷房が容赦なく切られる鬼畜仕様なので、マジやってらんねぇ!と近所の商業施設にゴーゴーヘブンというわけさ。おかげで有給取得率がバリ上がるぜ!(というか足りない)

 

クールシェアは何がいいの?

 

 私が思う、クールシェアのメリットは次のとおりです。

 

・冷房代の節約になる。

・使用電力量削減になって環境にやさしい。

孤独死が防げる。

・広い場所でのびのび過ごせる。

・いろんな施設まわると経験値が上がる。

 

うまばくオススメのクールシェアスポット

大型ショッピングモール

 田舎には「これもう城塞だろ・・・」という規模のイオンとかアピタとかありますが、そこは絶好のクールシェアスポット! いろんな店があって飽きないし、端から端まで歩くと相当な距離になりますので運動不足解消にもなります。真夏に外を散歩するなんて自殺行為ですが、ショッピングモールなら安心だネ!

 なお私うまばくの近所にはスマークというショッピングモールがあります。ここをゾンビのように元気に徘徊しているのが私です。以後お見知りおきを。

 

f:id:umabak:20180801204129j:plain

 

マクドナルド

 若いころは「あそこってミミズの肉でできたハンバーガー売ってるんだぜ」という都市伝説を信じていたり、ファッキン大資本企業というマインドを持っていましたのでなかなか近寄らなかったんですが、最近は私のような汚い身なりの人間でもわずか100円のコーヒーで何時間でも空間を提供してくれる懐の広さに感謝の気持ちでいっぱいです。wifiも当然のように無料開放されてまして、当ブログの数々の名記事はマクドナルドでかなりの数、産み落とされております!

 昼間はけっこう高校生カップルがイチャついてたりしますが、それもまた良しかな。

 

パチンコ屋

 出ました! 前にうんこマネジメントの拠点という使い方を提唱しましたが、もちろんクールシェアスポットとしても一流の施設です! パチンコ屋が最強なのは冷房代が節約できるだけでなく持ち金が増える可能性を秘めているという点! マンガを読みながら、2~30分に一度くらいホールをパトロールして、良さそうな台があったら打つ。これでいいですよ。夏の最強の生活スタイルでしょ!

 

 でもガマンできず、しょーもない台を打って冷房代以上のカネを失うバカは誰だい?

 

 アタシだよっ!!

 

 というわけで、みなさんもこの夏、クールシェアをお楽しみください。

すべては自由であるために『ひとりぼっちを笑うな』(蛭子能収、角川新書)読書感想

この本の目次

第1章 「群れず」に生きる
第2章 「自己主張」はしない
第3章 すべては自由であるために
第4章 「孤独」と「死」について

この本の要約

 筆者(蛭子さん)の生き方の基本原理は「自由」にある。友だちのせいで自由に生きられないなら友だちなんていらない。自由を奪う戦争、監禁は絶対に反対。自分で稼いだ金があれば気兼ねなく自由を満喫できるので仕事はがんばろう。でも嫌なことなら無理せず逃げていい。あとグレーゾーンのギャンブルはなんとなく後ろめたさがあるので、気持ちよく遊べるように白黒ハッキリつけてくんない?

 

 

この本で印象に残った所

 

そもそも、「友だち」がいることのメリットってありますか? (54ページ)

 

そういう「安心感」を求めるための「友だち」作りなんてやってもしょうがないですよ。「友だち」なんて、結局いつかはささいなことで離れるもの。「友だち」を作る努力をするくらいなら、「家族」を作る努力をしたほうがいい。(56ページ)

 

 要約のところにも書きましたが、蛭子さんが人生で最も大事にしているのは「自由」とのこと・・・

 MeToo!!!

 最近いろんなニュース見ていて思うんですが、SNSの人間関係や炎上を極度に恐れる人々など、今の日本ってだいぶ生きづらくないですか? そんなの気にしないで生きたほうが絶対幸せだと思います!!

 

 ということで不肖うまばくも蛭子イズムを持って生きている自負があったのですが、次の部分はできてなかったッ!と電撃が走った部分です↓

 

 自分と同じ人なんて、本当は世界中を探してもひとりもいないわけですよね。みんな違って当たり前。だから、人は本来、それぞれ「個性的」であるはずなんです。だから、そんなことはまったく考えず、ただ自分の好きなように自由にやっていればいいんじゃないかな。(105ページ)

 

 「しゅごキャラ!」を見て育った私うまばく・・・。自分のキャラ作りということに躍起になっていました・・・。自分の唯一無二のキャラをみつけ、それを伸ばそうとしていた日々・・・。

 しかし蛭子さんは「もともと人間は個性的なんだから好きなように生きればいいんだよ。そしたら自然に個性的になるよ。」と言います。そうかッ! なにも努力することはなかったんですね。自然体で生きることが最強に個性的な生き方だったんです!

  

 ここ数年、「勝ち組/負け組」みたいな言い方が、一般的になっているような気がします。あれ、どうなのかな?(中略)

 そのように考えるのも、僕が長いことギャンブルをやっているからかもしれない。大勝している人が、いきなり負け始めてひどいことになっていく様子をいくらでも見てきていますし、逆の場合も然り。(150ページ) 

 

 

 この本を読んでいてギャンブルの話がけっこう出てきます。蛭子さんはギャンブルを人生に応用している・・・俺と一緒! ハッピーアイスクリーム

 

 

 ギャンブルだけは別腹(158ページ) 

 

 

 俺と一緒! ハッピーアイスクリーム

 

 

 いずれにしても、卑屈になることだけはよくありません。(中略)誰かのせいにするよりもまず、自分の気の持ちようが肝心。“卑屈”という自分自身の心の縛りから解き放たれない限り、絶対に“自由”になんてなれません。(169ページ)

 

 前に感想書いた「幸福のメカニズム」という本のなかでも「独立とマイペース」は幸せの重要な因子とありました。この本に書かれている蛭子さんの「自由が第一」の生き方を参考にすれば、幸せに近づけること間違いナシだろこれ・・・ということで、この本、みなさんにオススメの本でありやす!

 

うまばく家、佐渡島に行くの巻③ また会う日まで編

 こんにちは! マックでクールシェア中のうまばくです! 100円コーヒーでも僕を涼しく受け入れてくれる、田舎のガラガラのマック最高だぜ!!

 

 では佐渡島へ家族旅行に行った、最終日のお話です。

 

 まず訪れたのが佐渡トキの森公園。

 

 

f:id:umabak:20180727133928j:plain

f:id:umabak:20180727134812j:plain

 

 私が子供のころ、トキって国内最後の5羽くらいが大事に大事に育てられていた貴重な鳥という印象が強いです。結局その国内のトキは絶滅してしまいましたけど、今は放鳥された中国産のトキが3桁くらい、けっこうな数いるんですね。ヒナも生まれているようです。

 

f:id:umabak:20180727135849j:plain

 

 あれから40年。 綾小路きみまろです。

 

f:id:umabak:20180727140007j:plain

 

 「ダジャレかよ!」と大声でツッコミそうになりましたが、トキは大変臆病な鳥であり、大声はお控えくださいとありましたので、心の中にとどめておきました。

 

f:id:umabak:20180727140207j:plain

 

 佐渡のご当地かき氷みつけました! 森と泉に囲まれて静かに眠るブルー佐渡であります! 買わなかったのでブルーハワイと味が違うのかわかりませんが、なんかイチゴ味とメロン味ですら着色料が違うだけで味は一緒と聞いたことありますし、たぶん一緒なのでしょう。

 

f:id:umabak:20180727140824j:plain

 

 続いて向かったのは一攫千金砂金採り! 佐渡ゴールドパークであります!

 あまりにも夢中になったのでこの砂金取りの写真が一切残っておりませんが、私は肩を痛めつつも2粒の砂金をゲットしました。 長女は10粒ほどゲットしてたかな? とれた砂金はペンダントに入れてお持ち帰りしました。

 

f:id:umabak:20180727141434j:plain

 

 この旅最後のアクティビティ。本当はたらい船に乗る予定でしたが、モーターボートもあることを知った長女が「どうしてもこっちがいい!」とごねだす。

 

 

 モーターボートの代金、10kな・・・

 

 

 しかし、ここでも「オレ、お前のやりたいこと、なるべくさせたいと思っている」おぎやはぎ性格が炸裂してしまいまして、結局乗ることに。まあダイナムにつぎ込むよりは有意義だな。

 

f:id:umabak:20180727142023j:plain

 

f:id:umabak:20180727141949j:plain

 

f:id:umabak:20180727142102j:plain

 

 洞窟のなかでダイビングやってる子どもがいて驚き。なんでも写真にある小さな隙間から向こう側まで抜けられるんだそうです。すごい。群馬ではありえない世界。群馬ではせいぜい農業用水の隧道を抜けるくらいですね。

 

f:id:umabak:20180727142409j:plain

 

 そして16時30分。小木港からカーフェリーに乗り、島を離れました。

 

 よき旅であった!

 

 ところで、今回旅をした新潟→両津港佐渡島小木港直江津っていうルート、実は1本の国道(国道350号)になってるんですよね。フェリーのルートも海上国道ってやつで1本の国道で繋がってるんです。

 

 で、前に私は「旅打ち国道354」っていう国道354号戦の全てのパチンコ屋で実戦する企画をしたことがあるんですが、 そのときからいつか「旅打ち国道350」やりたいなあと思っていました。

 

 なんつーか・・・今回の旅は・・・

 

 その企画の下見だったかも?

 

 直江津にパチンコ屋1件見つけたからあそこがゴールかな・・・

 

 いつか実戦動画あげることがありましたら、よろしくお願いします。

 

うまばく家、佐渡島に行くの巻② 佐渡島上陸編

 こんにちは! さすらいのクールシェアリストうまばくです!

 さて昨日の続き。家族旅行2日目のことです。

 コテージ宿を7時ごろ出発。地元ラジオでも聴いとくかとFM新潟にチューンしましたら、〇福の科学のラジオが・・・・。ゆるやかなテンポの染み入るような女性の語りにマインドコントロールされつつ、新潟港に到着でぃす!

 

f:id:umabak:20180726190953j:plain

 

 この船はときわ丸!2014年から就航しているカーフェリーだよ!高級ホテルなみの内容が特徴なんだ!(羽生まこ風に)

 

f:id:umabak:20180726192239j:plain

f:id:umabak:20180726192332j:plain

f:id:umabak:20180726192408j:plain

 これもうエスポワール号だろ! 想像した以上に綺麗な船でテンション爆上がりです!

f:id:umabak:20180726192616j:plain

 

 2時間の贅沢なひとときを過ごし、見えてきました佐渡島! 両津港に上陸です! 

 

f:id:umabak:20180726192722j:plain

 

 上陸後、昼飯買いにご当地コンビニへ。佐渡島にはローソンが何店かありますが、これ全て「元セーブオン」なんですよね。群馬県内にはセーブオンがまだしぶとく生き残ってますが、ぶっちゃけセーブオンは品物がショボイのでさっさとローソンに変えてほしいです。

 

 さて家族に「佐渡島で何がしたい?」と聞いたところ「海に入りたい!」ということなんで、たちまち海をめざしました!

 

f:id:umabak:20180726193125j:plain

 

 両津港から車で50分。佐渡島の北東端にあります二ツ亀海水浴場に来ました!

 

f:id:umabak:20180726193350j:plain

 

 なんということでしょう! この絶景! 正直私は海というと「クサイ」「汚い」「砂がジャリジャリする」ということで嫌いだったんですが、この海は本当にキレイでした! あとビキニ姿の色白女子がいて最高すぎた!

 

f:id:umabak:20180726193617j:plain

 

 子どもたちもご覧のとおり大満足! 本当にかけがえのない思い出になりました!

 

 旅行後、長男からこんなメールが届いたくらいです!

 

f:id:umabak:20180726193947j:plain

 

 で、海水浴を堪能した後は両津港に戻り、お風呂に入りに日帰り温泉やってる宿、佐渡グリーンホテルきらくさんへ。

 

f:id:umabak:20180726194144j:plain

f:id:umabak:20180726194437j:plain

 

 カエルが入ったら茹で上がってしまうのでは・・・

 

 で、宿へ。本日の宿は民宿「桃華園」さんです!

 

f:id:umabak:20180726194613j:plain

 

 ラッシュ・オブ・ケルベロス!!

 

 地獄の番犬のお出迎えだぜ!!

 

f:id:umabak:20180726194716j:plain

 

 子どもたちメチャクチャ喜んでるし。

 

f:id:umabak:20180726194810j:plain

 

 夕飯にはカニが出ました。あまりにカニに夢中になったあげく、夕飯中、長女は一切口を利くことはありませんでした・・・。

 

 やっぱり旅行すると人間の本性が良くわかるよね! この家族旅行でもそう思いました。嫁と子ども3人のなかではダントツで長女が頼りになるなーと思ったw いつも「あと何分でどこに着く?」と聞いてくる慎重で計画派だからね。つか、残り3人がクソ自由すぎるんだが・・・。

 

 つーことで2日目は以上! 次回は最終日です!

うまばく家、佐渡島に行くの巻① まだまだ本土激闘編

 暑い日が続いていますがクールシェアしてますか? うまばくです。さて7月の14日~16日に家族旅行してきましたのでその記録を書くです。

 

 ことの発端は7月に入ったばかりのころ。

 嫁が唐突にこう言いました。

 

 

 「あー、グアム行きてえ」

 

 

 ・・・うちの嫁は本当にノープラン人生なんです、すいません。で、我が家は7月14~16日の3連休の予定空いていたのですが、さすがにグアムは行けないだろ、ということで、どっか離島とかどう?となり、結果、この直前計画でも我々家族を受け入れてくれる離島といったら佐渡島しかなかったというわけ。

 

 で、まず1日目は新潟市内まで行って1泊という計画です。

 

 

f:id:umabak:20180725195600j:plain

 

 途中、長岡市内で昼食。

 

f:id:umabak:20180725195644j:plain

 

 これが大漁定食! わずか1000円です! どんだけコスパいいのー! 寿司もさることながら焼き魚の旨さよ! 子どもたちもペロリンチョでした!

 

f:id:umabak:20180725195821j:plain

 

 続いて向かったのが寺泊水族博物館! うちのキッズどもは保育園のお泊り会でここに来ていた模様で「絶対に行きたいコーナーがあるんだよ!」ということで来ました。

 

 その「絶対に行きたいコーナー」とは?

 

 ・・・こちらです!

 

f:id:umabak:20180725200102j:plain

 みなさんはご存知でしょうか? 古くなった肌の角質を食べてくれるドクターフィッシュというお魚を・・・。 足を水槽に入れるとウジャウジャ集まってきて、肌のなんかを食ってます。 キモチワリィ!

 

 うちのキッズたち、かれこれ小一時間はここにいました。

 

 そんなに気持ちいいのかい?と聞きましたら・・・

 

 

 

 長男「うん! アーモンドフィッシュきもちいいよ!」

 

 

 

f:id:umabak:20180725200440j:plain

 

 

 

 息子よ・・・アーモンドフィッシュはお前がおやつで食ってる菓子だ・・・

 

 

f:id:umabak:20180725200550j:plain

 

 そして本日の宿泊地。新潟市に福島潟(まぎらわしい)というところがあって、そこにコテージで泊まれる宿がありました。これがバチボコお得で、家族5人で泊まってもわずか10kほど! うれしーーーー!!

 

f:id:umabak:20180725200810j:plain

 

 ふとんの上げ下げ、シーツの交換も完全セルフなんですが、台所がついていて持ち込み調理可能なんです! おっしゃおっしゃ! 俺たちは自由にやらせてもらいますわ! ということで夕飯の買い出しジャイ!

 

f:id:umabak:20180725200944j:plain

 

 ご当地スーパー・・・でもねえな。 群馬県でおなじみのベイシアです。いつもの、って感じですね。

 

f:id:umabak:20180725201049j:plain

 

 なんかピノの旅をホーフツさせる値下げ弁当です・・・。そう、確かに俺たちは家族旅行がしたかった・・・。しかし、お金がなかったんじゃ・・・。悔しいのう・・・。

 

f:id:umabak:20180725201208j:plain

 

 なんだかんだ言って喜んで食ってる長男。マジ好きこいつ!

 

f:id:umabak:20180725201301j:plain

 

 新潟で1泊! 本日はここまで!

 

うまばく家、ポケモントレインに乗るの巻

 明日から家族旅行に行きます。その前に前回の家族旅行についてまとめておこうと思い、こうして筆をとりました。よろしくお願いします。

 そう、それは4月21日から22日。パチンコ屋も飲食店も混雑しているのが大嫌いな私はGWの前に旅立つことにしました。

 目的地は一関・気仙沼間を往復するポケモントレインです。このところ長男、長女はポケモンにドハマリしておりまして、だったら本気を見せちゃるわ!と。比類なき一流企業であるJR東日本のいい大人たちが本気で電車をピカチュウでデコったらどうなるか・・・マジヤベェことになるぞ・・・最悪、死ぬぜ・・・というわけです。

 たちまち一ノ関に宿をとり、東北道を爆走します。どこかで面白い寄り道スポットないかなーと調べたところ、宮城県大衡村万葉クリエートパークという場所に115mの超超超超超長いローラーすべり台があるとのこと! これは子どもたちも喜んでくれるでしょう!ということで行ってみました!!

 

 

 したらば!!!

 

 

f:id:umabak:20180713210421j:plain

 

 

 なんでやーー!!!

 

 

 まさかのkeep out! この光景を見た子どもらの顔よ!!

 

 今年は本当に歯車狂いっぱなしですわ・・・

 

 というわけで一ノ関の宿にチェックインしました。

 

f:id:umabak:20180713210708j:plain

f:id:umabak:20180713210809j:plain

f:id:umabak:20180713210845j:plain

 

 そして翌朝、一ノ関駅に向かいます。

 

 途中に厳美渓という景勝地がありました。

 

f:id:umabak:20180713211153j:plain

f:id:umabak:20180713211252j:plain

f:id:umabak:20180713211329j:plain

 「空飛ぶだんご」という異名を持つ「かっこうだんご」さんです。400円を入れると谷の向こう側の店から団子とお茶が届きます。

f:id:umabak:20180713211706j:plain

f:id:umabak:20180713211740j:plain

 水曜どうでしょうの聖地らしいですね。

f:id:umabak:20180713211829j:plain

 いよいよこの旅のメインエベント! ポケモン列車に乗りに一関駅に来ました!

f:id:umabak:20180713212011j:plain

 キャアアアアアアア!!!! ピカチュウウウウウウウウ!!!!!

f:id:umabak:20180713212058j:plain

f:id:umabak:20180713212128j:plain

f:id:umabak:20180713212200j:plain

 かわいいいいい!!! かわいいよピカチュウ!!! ピカチュウー!!!! ピカチュウー!!!! ピカチュウー!!!! ピカチュウウウウウー!!!!

 

 「お前が一番ハシャいでるわ」(嫁の声)

 

f:id:umabak:20180713212718j:plain

f:id:umabak:20180713212752j:plain

f:id:umabak:20180713212858j:plain

f:id:umabak:20180713213009j:plain

 途中の駅に止まってスタンプ押したりしながらのんびりと田舎を走り、気仙沼に到着しました!

 さあ気仙沼の駅前でランチだぜ!と思ったら飲食店はほとんどナシ。奇跡的に見つけた薄暗い居酒屋でなんとかメシ食ったのですが、こんな本気の居酒屋でメシなんて初体験の子どもたちは少々引いていました・・・(でも美味しかったです)

 これ家族連れの人とかどうしてるんでしょう?

 タクシーとか使うわけ?

 で、帰りはふつーの列車に揺られて一ノ関まで戻り、そっから東北道を5時間におよぶ安全運転で帰りました。

f:id:umabak:20180713213805j:plain

 私は充実感でいっぱいでしたが、子どもたちもいい体験になったでしょうか? 少しでも思い出に残ってくれたらうれしいな。

 それではまた。