読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サル日記40

40への階段。

福島宝探し旅5th attack(その2)~古殿町、鮫川村、棚倉町

 石川町をクリアし、隣の古殿町に向かいます。まだまだ時刻は午前8時!!

f:id:umabak:20160622222601j:plain

f:id:umabak:20160622223042j:plain

 道の駅おふくろ。慈母のようなゴリラ母が迎えてくれました。

 実はここ、手がかりを1つ見つけただけで宝箱の場所わかっちゃいまして、ソッコーでクリアしました。こういうこともあるよねー。次いくぞ!次!

f:id:umabak:20160622223403j:plain

 まめで達者な村。鮫川村です。ここは正直なんもなかったな・・・。

f:id:umabak:20160622223514j:plain

 それだけだとサミシーので宝探しとは外れる場所にあった「強滝」という場所を見ました。「ツヨダキなんてツヨキスみたいでえっちだなぁ」とか思って行きましたが全然そんなことはない場所でしたし読み方は「コワダキ」だったのでガッカリしました。

f:id:umabak:20160622223957j:plain

 続いて向かったのは棚倉町水郡線沿いの街をブラブラしながら宝探し。やっぱり宝探しは徒歩のほうが風情あるなぁ。鮫川村は車移動でポイントポイントだけ巡ったのでつまらなかったのかなぁと思ったり。

f:id:umabak:20160622224230j:plain

 女の子とカメの頭。えっちだなあ。

f:id:umabak:20160622224335j:plain

 ここをクリアした時点で昼をちょっと回ったところですが、朝3時から動いたせいで猛烈に疲れてしまいました。パトラッシュ・・・なんだかもう眠いんだ・・・。

 こうしてうまばく少年はパチンコ屋という楽園に消えていったのでした・・・。

 サヨナラ・・・・。

福島宝探し旅5th attack(その1)~石川町

 6月12日日曜日。この日、ひさしぶりの1人トレジャーハンティングということでワクワクが抑えきれず、午前3時に目が覚めてしまいましたw まだ暗闇のなか、家をコッソリ抜け出して単身、福島に宝探しに行く40手前のオッサン・・・激アツですね!

 というわけで、本日は時間を効率的に使うために、発見報告所が午前8時から空いている石川町からスタートです! 到着したのは午前6時でしたので、余裕をもって街歩きを楽しみながら宝探ししました。

f:id:umabak:20160614214038j:plain

f:id:umabak:20160614215207j:plain

f:id:umabak:20160614215310j:plain

 パワースポットへやってきました。

f:id:umabak:20160614215545j:plain

 神社といえばコマさんコマじろうでお馴染みの狛犬なんですけども、ここよく見ると向かって左の狛犬が親子連れなんですね! 面白い!

f:id:umabak:20160614215750j:plain

 と思っていたら、ここの賞品のしおりに「飛翔親子獅子」と書いてあった!

navi.town.ishikawa.fukushima.jp

f:id:umabak:20160614220404j:plain

 発見報告所はお菓子とパンのお店。「冷やしパン」というのが名物だそうなので、買ってみました。感想としては・・・ふつーに冷えたパン・・・かな? 買ってすぐに店の前で食ったのですが、その時点でも暖まって普通のパンになりかけてましたw

f:id:umabak:20160614221005j:plain

 まだ朝早いので開いてる店はありませんでしたが、なかなか面白そうな飲食店やスナツクが並んでおりました。次は昼や夜に来たいですね! もう二度とここに来ることはない気がしますが・・・。

 つづく。

福島宝探し旅4th attack~いわき市

 6月5日日曜日。ひさしぶりの宝探しに出かけました。今回は常磐道から福島に闖入し、いわきを攻略します。よっ!悪球打ち!

f:id:umabak:20160606221420j:plain

 さて今回も一家5人総動員で出かけたのですが、純粋な宝探しだけだとワイフが「もっと面白いとこ連れてけよクソが・・・」と機嫌を損ねるのでまずは面白カッコイイ観光スポットを攻めます!いでよ!アクアマリン福島ーッ!

 

f:id:umabak:20160606222348j:plain

f:id:umabak:20160606222517j:plain

 こ・・・これは・・・

f:id:umabak:20160606222608j:plain

 チンアナゴだこれー!!かわいい!!チンアナゴかわいい!!!

f:id:umabak:20160606223900j:plain

 こちらがアクアマリン福島の名物「潮目の海」です。

f:id:umabak:20160606224603j:plain

 暖流と寒流が交わるところ。要するに冷静と情熱のあいだで魚を眺めることができます。

f:id:umabak:20160606224417j:plain

 「いやーんオサカナ見てたらオナカすいちゃった♪」という貴女に朗報!なんとここは水族館のなかに寿司屋があります。ヤッタネ! しかし私たちは宝探しに来ているので先を急ぐのでスルー・・・! チックショー!!!

f:id:umabak:20160606224212j:plain

 

f:id:umabak:20160606225405j:plain

 ということで宝探しスポットの湯本へ移動しました。

 しつこいようですがネタバレ厳禁なので詳細は書きません。しかし・・・しかし・・・愚痴らせてください! 誰だよ☆1つけた奴! 出てこいよマジで! 今までで一番苦戦したんだが!

 確かに謎解きは簡単なんですが、手がかりの店は移動しているし(公式サイト見ないとわからない)何よりさー! 地図が間違ってるだろこれ!! 水路と道路の位置関係が絶対違ってる!!! おかげで謎は解けてるのに場所がわからず、時間を食ったあげく、最後は伝家の宝刀グーグルマップで調べて到達しました。

 おまけに報告所の空いている時間が16:30までと微妙に短く、時間切れ最訪問を覚悟しましたが、なんとか時間ギリギリにクリア・・・。みなさん、ここはヤバイです! 注意してかかってください!

 そういえば今までどこ言っても他にトレジャーハンターを見かけてたけど、この場所では同志を1人も見かけませんでしたねー。

f:id:umabak:20160606230433j:plain

 そんなわけでヘトヘトのうまばく一家はたちまち共同浴場へダイブ。ここ「さはこの湯」はスーパー銭湯とは違うレトロな素朴な銭湯ですが、お湯がとにかく良かったです!嫁はお肌スベスベで満足!息子は女湯でおっぱいたくさん見れて満足!

f:id:umabak:20160606230918j:plain

 最後に娘がどうしても夕飯にラーメン食いたいと言うので、帰り道で適当なラーメン屋を見つけて入りました。

f:id:umabak:20160606231033j:plain

f:id:umabak:20160606231353j:plain

 うんまぁー!私は「ビセット」をいただきました。対面の嫁は「デセット」頼んでますね。モツ煮見えてるので。ここけっこう居心地のいい店で、たぶん二度と行くことはないと思いますけど、また行きたい店です! いや、パチンコ屋が密集してたからワンチャン遠征で行くこともあるかもな・・・。f:id:umabak:20160606231600j:plain

 そんなわけで1日ガッツリ活動して帰宅したのが夜9時すぎ。つかれた・・・。でも久しぶりの宝探しは楽しかった! まだまだ全箇所クリアはあきらめてません! がんばるぞ!

 それでは。

 

読解力のない奴はせめて人を叩くのだけでもやめたほうがいい

 社会人デビューしてからこのかた、幸いにして平和な職場をまわってきたと思うのですが、一度だけ所内会議でいい大人が怒鳴りあいのケンカしてる場面を見たことがあります。

 

 そのときの空気を一言でいうと「すげー温度差」だと思いました。

 

 怒鳴ってる当人はアツくなってる俺カッコイイくらいに思ってるのに、まわりは「なんだコイツ・・・バカじゃねーの・・・」って冷め切ってたのです。なぜなら怒ってる内容が全くの思い込みと勘違いに基づくもので、トンチンカンなことで怒っていたからです。

 

 同じ思い込みと勘違いでも、人を褒めた場合はどうでしょうか。たぶん「バーカwwwそうじゃねーだろwwww」と思いつつも、「天然ボケな人だな」くらいに思われて、運がよければ好感を持たれることもあるかもしれません。

 

 人を叩く、人のことを悪く言うというのはリスキーなんです。ズバッと核心をつけば「すごい!」と思われますが、勘違いで人を叩いている奴はバカとしか思われません。TwitterとかfacebookとかのSNSではさらに最悪で、フォロアー(自分の知り合い)がみんな見ている場所でバカを露呈することになります。見ていてかわいそうになります。

 

 怒るのは大事なことだと思いますが、人を叩くときはまず読解力を身につけてからにしたほうがいいです。もし読解力を身につける気がない場合は、せめて人を叩くのだけでもやめて、人を褒めるだけにしたほうがいいんじゃないなかな、と思います。

待つよねー!

 長女が小学校に入学しもうすぐ2ヶ月。まあまあ軌道に乗ってきました。

 私が見ていて自分が小学校のころと今は違うなーと思うことが多々あるのですが、そのなかの1つに「小学校で英語を教えている」ということがあります。この前も「あいむふぁいんさんきゅー。あんどゅー?」みたいなことを言ってました。

 

 さて、そんなある日、保育園年中の長男がいきなり

 

 

 「待つよねー!」

 

 

 と言ったのです。

 

 あまりにも唐突だったので一瞬、何がなにやらわかりませんでした。

 

 

 「待つよねー!」

 

 

 

 なになに? なにを待つの?

 

 

 「待つよねー!」

 

 

 

 ・・・・?

 

 

 !

 

 

 そうか!

 

 

 「What's your name?」だ!

 

 

 そうです。長男は長女が「What's your name?」と言っているのを聴いていて「待つよねー!」とマネしたのです。

 かのジョン万次郎は「What time is it now?」を「掘ったイモいじるな」と言ったそうですが、我が家にもジョン万次郎がいたかー!?と感動した出来事でした。

長女がクレーン係を拝命した話

f:id:umabak:20160516213743j:plain

 もうすぐ長女の遠足があります。

 予定見ると今日が班編制だったので、帰宅した長女に「どうだった?」と聞いてみたところ、予想外の答えが返ってきました。

 

 

長女「クレーン係やることになった」

 

 

 驚きでした。ビル建設現場ではありませんよ? 小学1年生の遠足ですよ? 遠足においてクレーン係って何をするんでしょうか? そのことを娘に糾したところ・・・

 

長女「ゴミが道に落ちていたらファンファンファン♪(←UFOキャッチャーの擬音)ってゴミを拾うっつーわけ」

 

 なるほど。道に落ちてるゴミをUFOキャッチャーのクレーンのように拾う。これがクレーン係なんだと。しかし、ずいぶん変化球の係を作ってるなーこの学校は・・・

 

 そう思って遠足のしおりを見ると・・・

 

f:id:umabak:20160516215218j:plain

 

 くりぃん係じゃねーかwww

 

 まあオレも一瞬納得しかけたように、ゴミを拾う動作がクレーンのように見えなくはないため、当たらずとも遠からず・・・・かな?

 そう思ったので特に訂正はしませんでした。

 そんなわけで今日も練習のため、クレーンのように手を伸ばし、家に転がっているゴミとか次女とかをファンファンファン♪と回収してまわる長女なのでした。

飯テロ警報!長女が夕飯を作った!

 今日は嫁と長男が保育園の遠足で遅くなるので、私が夕飯作ることになりました。そこで比類なき伊勢崎のローカルスーパーマーケット「やましろや」に長女と一緒に行ったのですが、長女がこんなことを言うのです。

 「料理するからニンジンとハッサク買って。

 ・・・は?

 ニンジンとハッサクで何ができるというんだい?

 「いいから買って。

 

 残念ながらハッサクは売ってなかったので夏みかんを買いました。

 

 

f:id:umabak:20160514202534j:plain

 

 帰ってきて黙々と料理に取り組む長女(小1)

 

f:id:umabak:20160514202959j:plain

 完成。

 ニンジンを切って、皮むいた夏みかんをぶっこみ、ゴマドレッシングであえた一品です。これは・・・ニ・・・ニンジン好きにはたまらないですね!素材の味が生かされております!ウサギ大歓喜だろこれwww

 

 さすがにこれはちょっと不満だったらしく、もう1度チャレンジしました。

 

f:id:umabak:20160514203226j:plain

 左が1回目、右が2回目に作ったものです。2回目のほうはこれでもかとニンジンを細かく切り、味もマヨネーズ味に変えております!

 こ・・・これは・・・・

 

 うまいぞー!

 

 いやマジでうまかった。何よりパパ感動したのは、1回目の失敗を即座にフィードバックし、ニンジンを細かく切るという改善を行った点です。天才やね!長女も大満足したらしく野呂圭介ばりに「大・成・功!」とピースしてました!

 

 それにしても、なぜニンジンにハッサクを和えるという発想がわいたのでしょうか? 不思議だったんですが、どうやらキッチン戦隊クックルンでやってたみたいです。テレビで見たものを即座に試すチャレンジ精神・・・天才やね!

 そんなわけで、いつかゴハンにポテチかけて「OH!マイコーンブ!」と言い出す日が来ることを楽しみに待つうまばくパパでした。