読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サル日記40

40への階段。

読解力のない奴はせめて人を叩くのだけでもやめたほうがいい

 社会人デビューしてからこのかた、幸いにして平和な職場をまわってきたと思うのですが、一度だけ所内会議でいい大人が怒鳴りあいのケンカしてる場面を見たことがあります。

 

 そのときの空気を一言でいうと「すげー温度差」だと思いました。

 

 怒鳴ってる当人はアツくなってる俺カッコイイくらいに思ってるのに、まわりは「なんだコイツ・・・バカじゃねーの・・・」って冷め切ってたのです。なぜなら怒ってる内容が全くの思い込みと勘違いに基づくもので、トンチンカンなことで怒っていたからです。

 

 同じ思い込みと勘違いでも、人を褒めた場合はどうでしょうか。たぶん「バーカwwwそうじゃねーだろwwww」と思いつつも、「天然ボケな人だな」くらいに思われて、運がよければ好感を持たれることもあるかもしれません。

 

 人を叩く、人のことを悪く言うというのはリスキーなんです。ズバッと核心をつけば「すごい!」と思われますが、勘違いで人を叩いている奴はバカとしか思われません。TwitterとかfacebookとかのSNSではさらに最悪で、フォロアー(自分の知り合い)がみんな見ている場所でバカを露呈することになります。見ていてかわいそうになります。

 

 怒るのは大事なことだと思いますが、人を叩くときはまず読解力を身につけてからにしたほうがいいです。もし読解力を身につける気がない場合は、せめて人を叩くのだけでもやめて、人を褒めるだけにしたほうがいいんじゃないなかな、と思います。